<cite id="jlf5n"></cite><cite id="jlf5n"></cite><cite id="jlf5n"></cite><listing id="jlf5n"><del id="jlf5n"><span id="jlf5n"></span></del></listing>
<var id="jlf5n"></var>
<cite id="jlf5n"></cite>
<var id="jlf5n"><strike id="jlf5n"></strike></var>
<cite id="jlf5n"></cite>
<var id="jlf5n"><strike id="jlf5n"></strike></var>
<cite id="jlf5n"><video id="jlf5n"></video></cite><var id="jlf5n"></var>
<var id="jlf5n"></var><cite id="jlf5n"><span id="jlf5n"><menuitem id="jlf5n"></menuitem></span></cite>
<cite id="jlf5n"></cite>

左官工事とは?
Plasterer

What? Plasterer
左官工事とは、モルタルやプラスター、壁土などの材料を水で練り、下地の上に塗り付ける工事の事を言います。サッシまわりのモルタル詰めや、打ち放しコンクリートの補修工事なども含まれます。表面の仕上げには、主にコテが用いられ、コテには複數の種類があり、使い分けの方法と左官工の技術によって既成品とは異なるさまざまな表情や質感をつくり出すことができる點が魅力であり難しい技術でもあります。
Founder & Personal Trainer

コテを使って壁や床を塗る

左官工が行う工事として代表的な例としてはモルタル塗り、日本壁塗り、ブラスター塗り、またサッシまわりのモルタル詰めや、打ちっ放しコンクリートの補修などがあり、一般的に最終的な表面仕上げの塗り工事全般のことを指します。

コテさばきが実力を計る目安

コテは、最も重要な道具です?,F場によって使うコテも違います。コテさばきが実力を計る目安になり、例えば壁を平らに塗るだけでも技量の差は歴然です。コテで塗る以外も、重いセメントをかついだり、セメントをこねたりといった作業があります。

狀況に応じた判斷力が必要

気溫や濕度によって乾くのが早かったり遅かったり、仕上がり方も微妙に違うので、その場の狀況によって出來映えが左右されます。難しい狀況に応じた判斷力は経験を積まないと身に付かない部分です。粘り強さが必要です。

私たちができる事

土壁塗り、モルタル塗り(壁、床)、プラスター塗り(壁、天井)、コンクリートの直(じか)押さえなど左官工事と総稱されるものは対応しております。

[土壁]
土壁は桃山時代から壁、築地(ついじ)塀などに用いられ、江戸時代に一般化したこの工法は、小割りした竹を縦橫に細く配して縄で固定し、木舞(こまい)下地をつくって、ここに土を塗り付けて乾燥したものを荒壁と言い、さらに中塗りを行い、その上に漆食(しっくい)などで仕上げ塗りをします。最近はこの手間のかかる土壁を用いることは少なくなってきています。

[モルタル塗り]
モルタル塗りは、セメントと砂に水を加えて練り合わせたものを「こて」で塗り付けるものです。通常は下塗り、中塗り、上塗りの3回で仕上げますが、床部分には固練りのモルタルを使って一度に仕上げます。

[外壁]
木造住宅の外壁は、板張りの上に防水紙と金網(メタルラスまたはワイヤラス)を張り、この上にモルタルを塗り付けます。

[仕上げ]
コンクリートの床の仕上げに、打設したコンクリートが固まらないうちに「こて」で表面を仕上げる直均(じかなら)しまたは直押さえ方法もああります。また、水を混ぜた石膏(せっこう)を床に流すと自然に平らになる性質を利用したセルフレベリングモルタル塗りとよばれる方法もあります。

[プラスター塗り]
プラスター塗りは、石膏プラスターを「こて塗り」し、下地には、ラスボードとよばれる石膏を芯にして被覆成型しプラスターが付著しやすいように適當な間隔でくぼみをつけたボードが使用されます。石膏プラスターはモルタルに比べて硬化が速く、収縮が少なく、また比較的薄く塗ることができますが、耐水性は劣ります。通常は、屋內の間仕切り壁や天井に施工しています。

〒761-1703
高松市香川町淺野2193-50
TEL : 087-813-9290

亚洲人成网站在线播放影院在线,99精品全国免费观看视频,女RAPPER私下,AV无码无在线观看